一度のセックスで性感染症に掛かる確率

性感染症でもクラミジアは、一度のセックスで性感染症に掛かる確率50%以上です。
必ずしも自覚症状があるとは限らない病気で感染に気づいたときにはすでに多くの人に伝染していることも考えられます。
感染してから症状が出るまで2~7日程度で男性は、排尿の際に痛みが走り濃い黄色の膿が出ます。
女性は、おりものが多くなるものの通常は痛みを感じることはありませんが感染に気がつきにくいため注意が必要です。
性感染症の対処方法として最も大切なのは、なるべく早く治療を行うことですが治療が遅れれば症状が悪化してしまうからです。
クラミジアの検査方法には、いくつかの種類があります。
血液検査では過去や現在のクラミジア感染がわかるため行われることがあり、遺伝子検査も一般的な検査方法で用いられますがクラミジアは顕微鏡では見ることができないくらい小さなものでクラミジアがいるかもしれない可能性や顕微鏡で確認できるのは痕跡ぐらいです。
検査結果で陽性であればその日から治療を行えるので尿道炎などの症状がでている場合には有効な治療が行えます。
また、自宅で自分で出来る検査もありますが検査キットにはメリットやデメリットがあり病院では検査できることが検査キットでは出来ないこともありますので説明書を良くお読みになったほうが良いです。